自動制御で節電できるデマンドコントロール|人気の騒音対策設備

メンズ

フロンを用いた機器の問題

メンズ

どの企業でも、オフィス内には空調設備を設置しているものです。室温を快適な状態にコントロールすることは、業務効率を向上させるために必須なことといえます。しかし、型式の古いタイプのエアコンにはフロンガスが使用されているので、取り扱いには注意が必要となります。現在では環境に影響を与えない代替フロンや、ノンフロンの冷媒を用いたクーラーが主流となっていますが、型式の古いエアコンは一部に冷媒としてフロンガスが用いられているのです。このフロンガスが用いられる機器は第一種特定製品と呼ばれ、取り外しの際には必ず専門の会社に依頼する必要があります。正しい知識もなく古くなったエアコンを取り外してしまうと、フロンガスが空気中に放出されることになるため問題となるのです。フロンをみだりに放出させてしまうと罰則の対象となるため、企業にとってはイメージダウンによる影響が懸念されます。もしも第一種特定製品であるエアコンを買い換える場合、必ず専門の会社にフロンガスの回収を依頼しましょう。

エアコンなどの機器は、使用している間に機器が劣化し、冷媒が空気中に逃げてしまうこともあります。特に第一種特定製品に指定されている機器は型式も古いので、劣化によってガスが漏れてしまうことが懸念されるのです。故意にガスを漏出させたわけでなくとも、エアコン機器が劣化したことは施設の管理者の責任となるため、罰則の対象となる場合があります。第一種特定製品を引き続き利用するならば、定期的に専門の会社へ点検依頼を行なう必要があります。