自動制御で節電できるデマンドコントロール|人気の騒音対策設備

男の人

イメージ向上のための発電

太陽光発電

太陽光発電や地熱発電は、クリーンな発電ができるとして多くの企業に注目されています。自然エネルギーを用いた発電方法で電力を賄えば、企業イメージも向上させられます。メタンガスを利用したバイオガス発電も、エコに貢献できるとして関心が集まっています。

フロンを用いた機器の問題

メンズ

第一種特定製品に含まれる機器といえば、環境に重大な影響を与えるフロンガスを用いたエアコンなどが挙げられます。型式の古いエアコンが主に該当し、機器の取り外しや劣化でガスが漏れる可能性があるため注意が必要です。取り外しや点検は、専門の会社に依頼しましょう。

外からの音に悩まされない

男性と女性

国道添いの場所や駅に近い場所などは、企業がオフィスを構えるにあたって好立地な場所となります。しかし、こうした場所は車両の騒音に悩まされやすいのが問題となるでしょう。防音フェンスや防音パネルをオフィスに設置することで、効果的な騒音対策が行なえます。

節電に効果的

電気

企業の業績が不安定である場合、利益を向上させるための取り組みを行なわなければなりません。しかし、利益増加を行なうことは言葉で述べるのは簡単でも、実際に行なうのは並大抵のことではありません。そのため、多くの企業では収入を増やすことではなく、支出を制限する方法を採用します。節電対策などで企業にかかるコストを下げれば、無駄な支出を抑えることで企業の利益をアップさせられます。よく行なわれる節電対策方法といえば、使用しない部屋の電気を消すことや、エアコンの温度を普段より上昇させること、席を立つ際にパソコンのモニター電源を切ることなどが挙げられます。しかし、これらの方法では働く社員にも負担がかかるので、厳しく行なわせると業務負担を大きくなる可能性もあります。そこで、多くの企業から導入されているのがデマンドコントロールシステムです。社員の手を煩わせず、コンピューターが節電のために自動で電力調整を行なってくれるので、負担なく節電対策を行なえるでしょう。

デマンドコントロールとは、最大電力量を表すデマンド値をコントロールするシステムです。電力会社から請求される電気代は、このデマンド値の大きさによって計算されます。つまり、デマンドコントロールによって最大電力値を下げることができれば、それだけで請求される電気代が安くなるのです。デマンドコントロールシステムでは、随時電力量を計算して消費電力のコントロールを行ないます。あらかじめ設定したデマンド値を超える場合、自動で施設内の電力消費量を抑える働きを行なってくれるのです。照明を自動で暗くすることや、エアコンの温度を微調整することで、デマンド値を設定内に保ってくれるのです。